NEW POST

げん組撮影! & 僕の歩く道

10月9日(月/体育の日)

3連休最後の日。朝一で、千葉から東京へ帰る。
そして、昼過ぎから、げん組の撮影をした。
またしても、急な撮影。しかも今回は、事前に企画を用意せず、初心に戻る意味でも、企画会議~撮影までを1日で行うスケジュール。インターネットミニドラマ第1弾の「第一発見者」と同じパターンである。
スケジュールだけでなく、規定分数も「1分」にして、いよいよ第1弾状態に。
しかも今回は、3本撮影する事に。つまり、3本の企画を作らないといけない。
企画開発は、パリーグプレーオフに阻まれながらも、夕方には無事完成。
その後、準備やキャスティングドラフトなどを行い、18時クランクイン。

1本目は、深澤(P)企画。規定1分なのに、およそ1分では収まらないような企画を立ててくれたので、かなり時間がかかった。しかし、内容的にはなかなか良い感じになった。
2本目は、澤(美)企画。ほぼ規定1分程度。その上、この作品は監督が澤。初監督?俺主演。やばいね。やばいぞ。やばい。この企画では、奇跡の時計カットがある。
3本目は、げん(演)企画。規定1分、第一発見者の時代を思い出しながら、ちょっと良い話を作ってみました。げん組史上初の、恋愛ドラマ??みたいな。主演は、最近演技絶好調の橋上さんでね。身内はおもしろい、知らない人はホロっと来ちゃうかな~。

ってことで、無事、23時30分、クランクアップ。

5時間30分で、3本か。まあ、超短編ばっかだからな。でも、深澤企画は、普通に1本分の力を持った作品だからな。

ってことで、今回撮影した作品3本は、「まとめて」1本の作品(企画)として公開予定。
どんな形で、いつ公開するかは、後日発表します。お楽しみにーーー。

帰りの電車で、爆睡。起きたら、降りる駅だったぜ・・・(危ない)。



10月10日(火)

卒業制作準備もいよいよ終盤戦。
今日は、重要キャストが決定。しかし、その過程も色々あって、大変だったな。

監督は、その話の「核」を最後まで残せるか。それ以外は、大人数のスタッフによって切り刻まれる。ただ、その核をどうやって最後まで残して、見せるか。それが監督の監督たる所以。そして、それが無い作品だと、思い入れがない作品として、まるで他人の作品のような感想を言う監督が出没する・・・っていうお話を聞いた。
助監督は、監督の奴隷ではない。監督の言う通りではなく、ここでは何が必要か。問題となっているものを、「出来ない」ではなくて、「こうすれば出来る」「こんな事もある」という別案を考えるのが大切であり、そこで自分の力を見せる。そうじゃなければ、助監督なんてやってられない・・・っていうお話を聞いた。

そして、仕掛け関係の打ち合わせなどを行い、衣小合わせ。
小道具的にはあまり問題が無かったが、衣裳がまずい。

トマト祭りの段取りが難しい。腐らす計画が危うい事が発覚し、代替案を考え中。
水煮が一番の有力候補だが、どこで煮るのか?
あ~あ、どうしよ。
とりあえず、お安くトマト入手ルートは確保。野菜ルートも確保。
あとは、入荷日を決めるだけ。。。早めに判断しないと。

しゃぼん玉は結局どうするのか?

一度、全部のシーンを通して、監督と最終確認をしないといけないだろう。
役者のケアや、どう撮るのか(隠すのか)、隠すのは良いが、役者はどういう状態なのか・・・。

あーあ、どうしよ。



夜。「僕の歩く道」(フジ/星護監督)
構図が良い。色調が良い。演技が良い。脚本が良い。
やっぱり、このシリーズ、星監督、五木田カメラマンは俺の琴線にがっつり来るなーー。

とりあえず、「構図」と「色調」は見たまんま。最高で。

演技は、星監督がインタビューとかで言っている「役者を記号のように動かす」というのが俺には腑に落ちないが、でも、そのせいなのか、「シンプルで分かりやすく、しかも、整理整頓された演技みたいな感じがすごく良い」という効果。整理整頓された感じが、演出にも構図とかにも現れていて最高なんだな。

脚本。第1回放送の中で一番、すげーと思ったのが脚本だな。
まず、ピエロでしょ。あれは、絶対こいつなんかあると思わせるのがよかった。演出も最高によかった。ピエロの風船にだんだん注目させていく感じが。

次に、都古ちゃんの心の動きが、輝の失敗と、輝の信頼(「絶対」)に被さる所。あれは、よかった。うますぎる。その前のシーンで、加藤浩次が演じる医者が、輝が都古の事を「絶対に悪い事を言わない」って言ったことに対して、「絶対・・・?」っていう引っかかりを持った所があり、その次に、ピエロの風船割れて、輝がパニック。飼育係なのに、動物逃がす。そのせいで、都古が不倫している彼氏と会えなくなる(実際は彼氏の都合)でしょ、そして、心に余裕の無くなった都古が輝に対して罵倒するでしょ~。次週に続くでしょ~。 うまい。
人物の感情がうまく繋がっているし、その感情によって物語が動いてる。すごい。

ってことで、おそらくこれが、俺にとって今クール最高のドラマでしょうな。録画したし。

あとは、「役者魂」「Dr.コトー」の2本が期待値高い。今クールはとりあえずフジテレビが良さそうだな。あと、「14歳の母」。TBSは、見てみないと分からないけど、前情報を聞く限りでは、違和感を感じるだけで、期待にならないな。テレビ朝日は、女性目当てに走ってミスっただろ~って感じだ。
まあ、全部見てから、また感想書きますよーー。

じゃあ、「落とし物」とか、昨日撮ったやつとかの編集やら整理やらをします・・・。


追伸
もちろん、デスクトップの壁紙は、「僕の歩く道」の壁紙です。

私信
裏Pさん、「落とし物」の広報用写真・・・。
[PR]
by genn6 | 2006-10-10 23:45 | げん組な日記

一言の日もあれば、三言、数言の日もあり


by genn6
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30